男の小料理

2009年11月 1日 (日)

チヌ料理

久しぶりにチヌが釣れた。

Simgp2396

あまり食味的にはよくないとされる魚。

事実、釣れた時はうれしいが

かえって捌いて、食べるときのことを考えると

「・・・・・・・・・・・・・・・・」。

以前夏場に釣ったチヌを捌いたとき

そのニオイと、内臓のグロさに

「おえ~っ」となりかけた時のことを

思い出した。

こういう魚には、西京焼があうのだが

あいにく、家に白味噌が切れている。

とにかく、捌かなきゃ、始まらない。

心の準備をして、魚に向かう。

まず頭を落とす。

骨が硬くて、なかなか切り落とせない。

続いて、わたをとりだす。

おや、全然イヤなニオイがしない。

内臓もきれいなものだ。

やはり、季節、場所、等によって

随分個体差のある魚なのかな?

で、完成した料理

Simgp2398

造り、アラ炊き、皮のポン酢あえ。

なかなかのお味でした^^

特に、皮のポン酢和えは、絶品!

また、釣れないものかな^^

2009年5月25日 (月)

親子弁当

インフルエンザ騒動で

一週間休校だった息子が、今日から登校。

いつもは給食だが、今日はお弁当らしい。

ひとつ、つくるのも

ふたつ、つくるのも一緒。

よし、今日は父が、お弁当を作ってあげよう。

で。

Simgp2165

ドライカレー^^

左のでかいほうが息子の弁当箱。

2009年4月26日 (日)

また、弁当ネタですが

ある日の弁当

Simgp2051

「ゆかり」はお弁当の強いみかたです^^

で、思い立って弁当箱を買い替えることにした。

で、昨日ジャスコで買ってきたのが、これ。

Simgp2052

通勤カバンの中にむき出しでお弁当を入れるのは

どうにも所帯じみていてイヤなのだが

これだと、そのへんを隠してくれるので助かる

(化粧ポーチかと思われますが)

Simgp2054 Simgp2056

で、バッグ自体が、簡易クーラーになっていて

保冷剤を入れることで、これからの暑い季節も安心^^

このお弁当箱自体

大きさといい、デザインといい

女性向けのものだと思う。

まあ、日々、体重増加と向き合う私にとって

これくらいの大きさにしておくのが

無難なのだ^^

2009年4月22日 (水)

本日の弁当

黄金炒飯弁当。

弁当箱の底にレタスを敷き彩(いろどり)を

玉子とご飯をあらかじめ混ぜておく。

ミックスベジタブルとウインナーを炒めたところに

上記のご飯を投入。

塩・胡椒で味付け。

鍋返しを繰り返し、ご飯をぱらっとなるまで

炒めたところに

刻みネギと鮭フレークを投入。

春らしい彩りの炒飯に^^

Simgp2048

2009年4月12日 (日)

ジャンボメバル

自己記録のメバルと

頂き物のメバル

どちらも27センチの良型だ^^

Simgp2032

このサイズだと、文句なく、造り。

でも、造りは魚の廃棄率が高い。

メバルがこのサイズに育つまで

少なくとも10年近くはかかっているはず。

その生命力と寿命と幸運に敬意を表し

なるべく全部食べるようにしよう。

Simgp2034

頭もアラも^^

まずは、皮の湯引き、ネギ・シマト和え

Simgp2036

コリコリとした食感とシマトンの辛味、ネギのしゃきしゃき感が

最高です^^

Simgp2038

メバルのあら炊き。

骨のまわりの身は滋味満点!

美味い!

R000sashimi

そして、定番のお造り。

やっぱり、メバルは美味しいですね^^

R002osake

これからの季節は

冷酒があいますね^^

2009年1月12日 (月)

セイゴ料理

播磨方面に釣りに行って、セイゴが釣れた。

Simgp1883

セイゴは、メバルやガシラに比べて

若干、クセがある。

釣り上げて、すぐしめて血抜きをすれば大丈夫とは思うが

今回は、バタバタしていて、その時間もなかった。^^;

よって、今回は、きっちり火を通した料理にチャレンジ。

■セイゴのソテー

三枚におろしたセイゴに、

塩、胡椒をし、軽く小麦粉をはたいておく。

Simgp1889

フライパンにオリーブオイルを

やや、多めにいれて、にんにくの刻んだものを投入。

弱火でじっくり焼いて、色が茶色に変ってきたら取り出す。

Simgp1890

さきほどの、切り身を投入。

必ず、皮のほうから焼く。

両方、焼けたら白ワインをいれて軽く蒸す。

何度か、ひっくり返し、キツネ色に焼きあがったら

完成。

Simgp1892

軽く醤油をかけ

生(乾燥でも可)バジルをあしらう。

Simgp1895

ビールや白ワインによくあいます。

■セイゴの西京焼き

※「泉南・紀北の釣り」管理人KATさん「釣魚料理晩飯篇」レシピを参考にさせていただきました。

○三枚におろしたセイゴに塩をふり

冷蔵庫で2時間ほど寝かしておく

(塩の量は、それほど多くなくていい)

○白味噌に酒と味醂をといて、味噌漬けの元をつくる。

分量は味噌1に対して、酒・味醂とも0.8くらい。

○冷蔵庫から取り出した、切り身に

まんべんなく味噌を塗る。

この状態でラップをかけ

冷蔵庫で寝かす。

Simgp1888

○2日目くらいから食べられる。

焼く際は、全て味噌をとってから焼いてもいいが

ある程度味噌を切り身に残して焼いたほうが美味しい。

その際、焦げやすいので、弱火でじっくり焼いていく。

私は、魚焼きグリルを使用。

中火くらいで焼いてもさほど焦げなかった。

○完成

熱々の白ご飯との相性が最高です。^^

あと日本酒のお供にも

Simgp1897

白身魚、赤身魚問わず

何でも応用できる料理法です^^

2008年12月29日 (月)

鰯料理

小さい頃は魚嫌いだった。

大人になって、酒を飲むようになって

魚の美味さを知った。

が、鰯という魚は、あまり自分から積極的に

食べる魚ではなかった。

が、ここ2、3年。

私の釣り仲間が、泉南方面で釣る

鰯の美味しさを、しきりといい始めた。

「ブルーダイヤ」

つまり、それくらい価値があり、美味しいということだろう。

機会があれば、食べてみたいと思うようになった。

で、昨日の釣りで鰯が大量に釣れた。

よし、気合をいれて調理だ!

Simgp1850 大量の鰯

^^;

Simgp1853  さばく・さばく

Simgp1854 袋の中身はちょっと^^;

なかなか、数が減らへんわあ

Simgp1852

飛び散る鱗

詰まるシンクの排水口

悪戦苦闘の末、やっと完成。

Simgp1856

ハンバーグ・キズシ・刺身。

そして、

Simgp1858 干物^^;

で、お味は?

頑張ったかいがありました^^

また、釣りたいです!

2008年12月21日 (日)

メバル料理 洋風

淡路島に釣りにいった。

まあ、何とかメバガシさんを釣ることができた。

定番の煮魚と行きたいことだが

今回はちょっと趣向を変えて、洋風に。

下記に作り方を

1.メバガシは頭を落として、ワタ・ウロコをとりよく洗う。

 その後、よく水分をふき取り、塩・胡椒しておいておく。

2.フライパンにやや大目のオリーブオイルをひく。

 さらにスライスしたニンニクをいれる。

3.コンロの火をつけ、中火でじっくり熱し、ニンニクがキツネ色になったら

 フライパンから取り出す。

4.身に切り目をいれたメバガシをフライパンに並べ、焼く。

 途中ひっくり返し、両面とも焼く。

5.白ワインをいれ、アルコールをとばす。

 私はちょっと多めに入れて『洋風煮魚』状態にする。

 で、蓋をして蒸していく。

 この時白ワインの量が少なくすれば、カリッと焼きあがる。

6.白ワインが、ほぼ煮詰まったところで

 最後に少し、醤油をかける。

7.生バジルの刻んだのをかけて完成。

Simgp1838

メバガシの身は、白いキャンバス。

色んな味付けにも、とてもよく映えます。

ニンニクの滋味と、淡白な白身との相性がよろしいようで。

Simgp1839

白・赤のワインとも、よく合います。

2008年9月 7日 (日)

泉南夜グレの味

まず、おことわりを。

ここで昨夜釣った泉南夜グレの料理写真を

公開すべきところ、

デジカメ写真を撮影する際、メモリーカードを入れずに

撮影してしまい、それに気付いたのが先ほどという、体たらく。

よって、今回は写真はございません。

グレはよく肥えていました。

内臓のまわりを白い脂肪がまいておりました。

まず三枚におろし、身は全て「焼き切り」にして食べました。

薬味としてネギを添えました。

「焼ききり」には、わさび醤油よりもポンズが合います。

一切れ身をポンズに浸すと、魚の脂がうきでます。

さあ、いよいよ一切れ目

「!。。。。。。。。。。。。。。。」

無言で、次の身に移ります。

グレ特有の臭みも何もなく、

上品な脂の滋味、しっかりとした魚の食感が

口の中で溶け合います。

息子と私で夢中で魚を取り合います。

(嫁はグレは先入観を持っており、こちらが美味しいといくら言っても

食べない。ほっておきます^^)

次にグレをさばく時に出た身がいっぱいついた背骨やら、はらみを

煮付けておいたやつに移ります。

骨の周りの身が、たまりません。

息子も夢中で、せせってます。

腹骨をすきとった時の身を口の中にいれます。

「!」

鯛のアラ炊きよりもさらに美味しい

上品な脂がとろけます。

私の好きな釣魚の順位(釣ったことのない魚は除く)

1位メバ・ガシ

2位カワハギ

3位キス

4位アジ

5位グレ

という順位でしたが

泉南夜グレは、かなり上位に食い込むのではないかと。

皆様にも強くオススメいたします。

2008年6月15日 (日)

ほたて貝柱入り朝チャーハン

ずっと以前から、気になっていたことがあった。

それは、「チャーハンにホタテの貝柱を入れたらうまいだろうな」

ということだ、

休日出勤の土曜日の朝、早速作ってみることにした。

材料は

080614_074225

ウインナー

カニカマ

レタス

そしてホタテ貝柱(缶詰)

そして定番の

080614_075131

黄金チャーハン仕様、タマゴ混ぜ込みご飯だ。

ますぜ、ウインナーを炒め続いて、ご飯を投入。

ここで、しっかりめに塩、胡椒で味付け。

ある程度、炒めたところで、貝柱と、カニカマ

最後に、レタスを投入する。

080614_075143

最後に醤油でかるく香り&味付け

080614_075304

完成^^

ホタテの風味が効いていて、なかなか美味しい。

嫁と息子も美味しいといいながら、食べている。

で、食べ終わって、嫁がぽつりと一言

「でもホタテ缶って、高いのよね~」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

食べてから言うな。

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ