日記・コラム・つぶやき

2012年5月13日 (日)

ダイエット再び

また、最近ダイエットを始めた。

以前のように何キロ痩せるぞ~とかいう
気合の入ったものではなく、まあ見苦しくない程度に
自分の外見を整えるようなものだ。

しかし、これまで何回、ダイエットをやってきたのだろう。

もとから太りやすい体質なのだ。

一番最初は高校3年生の時。

72キロを60キロまで落とした。

年頃も女の子にもてたい年だったし
そのコケの一念で何とかダイエットを成功させた。

しかし、私の体質と、生来食い意地が張った性向と
ストレスが食に向かう困った性癖がてを組んで
隙あらば、私のからだに余分な脂をつけようと企む。

ただ若かったから、さほど体重を落とすのに苦労はしなかった。
いや、したかもしれないが、もう忘れた。

大学生の時、一番痩せていた時で、私の体重は58キロだった。
これは標準体重よりも4キロ少ない。
輝ける痩せの時代だった。

ところが、就職して運動不足と、酒食のおかげで
体重は順調に増え続け
35歳の時、結婚して、禁煙して、一気に78キロまで体重が増えた。

この時は再び、煙草を吸いはじめ、食事制限とか何とかで
62キロまで落とした。これが36歳の時。

それから、約10年。禁煙して、それでも食事に気をつけていたので
体重は微増傾向であったが、年齢とともに代謝が落ちて
にもかかわらず、ずるずると、酒を飲む量も食べる量も変わらないので
ここ1年あたり、朝、体重計に乗るたびに
表示される体重は、68キロから71キロの間を彷徨い続けている。

ダイエットを繰り返して結果。代謝が落ち、より太りやすい
体になってきた典型のような男が私なのだ。

よく肥満の目安とされるBMI値は、24でかろうじて標準体型だが
それでもこのお腹についた脂肪を何とかしたい。
また体脂肪率も22~20の間を行ったり来たり。できれば、
19%くらいにはしたい。

それに最近、体全体に締りがなくなってきて
以前にもまして、お腹の出っ張りが気になるようになってきた。

ダイエットに王道なし。

やはり、適度に運動と、食事制限が基本ということで
以前から続けているウォーキングや山歩きに加え、最近は1日おきに
腕立て、腹筋、スクワットをおこなっている。
また最近買ったi  phoneアプリのカロリー&重管理アプリを活用しだした。
※これが、なかなか便利。

こうすることによって、自分の体質の改善を
おこなってみたいと考えている。

でもね。

まあ47歳だし、昔のような体に簡単に戻れるわけでもない。
また、自分の体質というものに慣れてきて、すぐ脂がつく
のは嫌だけど全般的に健康できたのだし、この体と
付き合っていくしかないのだし、この体質も含めて
自分の個性だしとか、色々考えている。

ともあれ。

あまりみっともない体型はやはりいやなので
とりあえず、悪あがきかもしれないけど
しばらくやってみる。

2012年4月 1日 (日)

最近

今、東京に向かう新幹線で、このブログを書いてます。

日曜日の夕方。

いつもなら、家族3人で夕餉を囲んでいる頃。

少し、淋しいですね。

確実に忙しさが、増してきてます。

大阪のみならず、東京の業務も増えて
出張も以前の倍のペースに増えてます。
今週も日、月、火と東京。
さらに、ここに来て、沖縄のプロジェクトも始まり
今週は、 木、金と沖縄。

つまり、大阪にいるのは、水曜日だけです。

決して、嫌ではなく、むしろ自分の責任として
自ら進んで動いているのですが
過去のブログや釣り日記を読み返すと、
自分のその変わりように、やや茫然としますね。

まあ、中年のおじさんとは言え、
その中身は常に刻々と変わっているわけで。

また、この先、どんなことが起こるかも知れず
ほんと一寸先は、闇ですね。

ともあれ、日々を精一杯頑張るしか
ないでしょう。

とりとめのない文章で、すみません。

2012年1月31日 (火)

ごぶさた

仕事のバタバタがずっと続き
気づいてみたら、年末もお正月もすっとばして
プログの更新をしていなかった。

本日、大きなプレゼンが終わり
やっと、やっと一息つきました。

またぼちぼちと更新していきますので
今年も四十路的日常をよろしくお願いします。

今年は寒いですね〜
インフルエンザがとても流行してます。
皆様もお体にご留意ください。

2011年12月18日 (日)

飲んべの師走

早いもので、今年も師走。
毎年、同じようなことを言っている。

先週は会社の役員さんや次長さんと
豪華なお食事会。
場所は「鳥貴族」^^;

おじさん3人でつつましやかに
焼き鳥を食べ会社のことなどを
ぼつぼつ話し、
そのうちに私はだんだん酔っぱらってくる。

お勘定を払って次長さんを誘って
家まで歩いて帰ることに。

かなり冷えた冬の夜中。
途中ラーメンなどで体を温めながら
なんとか大阪の本町から西宮市の甲子園の
次長さんの家までたどり着く。

私はこのあたりで限界だったので
タクシーで帰ることに。
タクシー代が高くつき、なんのこっちゃという結果。

翌日土曜日は泥眠し
体力回復した日曜日は山歩きに。

清荒神から中山最高峰を経由して中山寺まで。
東尾根にながめのいいところがあり
大阪市内から神戸市内まで一望のもとに。

201112111415000
(写真はあまりきれいに撮れていませんが)

翌週は大阪と東京でそれぞれ忘年会の
二連荘。
どちらも中華料理なので、カロリーが心配。
大阪の忘年会では、そのこともあって
あまり料理を食べずにいたのだが
結果酔っぱらってしまい
その勢いかって、ダーツバーへ。
終電ギリで家に帰る。

翌日は東京での忘年会。
メンバーが火鍋の店を予約していてくれた。
多謝。
唐辛子で真っ赤に染まったそのビジュアル

201112142041000
少しビビルが、思ったほど辛くなく
とてもいいお味。
大阪で同様の鍋があれば行きたいものだ。

そんなこんなで、師走の日々が過ぎていく。

今週は、東京で再び飲み会。
週末にかけて盛岡で極寒の中、屋外の撮影。
そのあと飲み。

クリスマスイブは家でワインを飲んで
29日はお家の忘年会で焼き鳥の後カラオケ。

31日は恒例の尼崎買い出しツアーの後
年越しそばをあてに熱燗をと。

飲んでばっかの師走だね。

それでも駅立ち飲みは止めないんだよね~

201112162119000

この週末あたりから
急に寒くなってきました。

皆様お体ご自愛くださいませ。

2011年11月27日 (日)

まほろばウォーク

「まほろばツーディウォーク」の初日に参加してきた。
簡単に紹介させていただく。

このイベントは2日間にわたって開催されるウォーキングのイベント。

私は初日のみ、30キロのコースを選択する。

この30キロのコースは、スタート地点の橿原神宮から近鉄桜井駅→山の辺の道
→天理トレイルセンター→桜井市→藤原京→橿原神宮というコース。

ウォーキングで30キロも歩くのは、初めてなので
前日は早く仕事を終えて、最近お気に入りの立ち飲みやで
軽く飲んで(はよ帰れよ)、家でのお酒も最低限にして
(まだ飲むんかい)早く寝た。

翌日は少し寝坊して、4時半起床。
あわてて準備して、午前5時15分の電車で
出発する。

この時間の電車には、けっこう
電車釣行の方が乗っている。
まき餌を使った釣りの場合は無理だが
投げ釣りなんかだと
電車での釣行もありかな?とか考える。

橿原神宮到着は、午前7時
すでに、多くの人たちが到着して
スタートを待っていた。

201111260728001
<スタートを待つ人々>

大体は60歳以上のお年寄り。

前回の加古川大会の時もそうであったが
全体的なノリは、「グルコサミンのCM」
みたいなノリなのだが
侮ることなかれ、70歳の方でも
平気で40キロを2日間連続で歩い
たりする世界なのだ。

関西以外からも、大分、熊本、東京
などからの参加者の方々も。

私も受け付けで兵庫県と住所を書くと
受け付けのおばさま方から
「まあ~遠くから、よくいらっしゃいました。
奈良の秋を満喫していってくださいね」
と声をかけていただいた。
少し恥ずかしいが、悪い気はしない。

これも前回の加古川大会の時に感じたのだが
とにかく地元やウォーキングの団体のヴォランティア
の方々の働きが素晴らしい。
つくづく感心する。

さて、いよいよスタート。

201111260728000
<まだ準備中のころに撮影しました。実際とは異なります>

前回の加古川大会は、すごい人だったが
今回はそれほどでもない。

それでも300人くらいは、十分いる。

かなりのハイペースで、集団は近鉄桜井駅へ向かう。
私は、30キロというコースのことも考えて、
ややペースを落とす。

ウォーキングのいいとこは、歩いているうちに
今まで考えていたさまざまな悩み事とか
がいつのまにか消えていってしまうこと。
消えていってしまうのだから、別に大したことを
考えていたわけではないのだ、そんなことに気づかされる。

やがてコースは、山野辺の道に入る。

この道は私の大好きな道なのだ。
今回この大会に参加を決めたのも
この道がコースに入っていたからなのだ。

絶好のハイキング日和ともあって
道にはハイキングの方が多数。
みな、ゆっくりとしたソゾロ歩きだ。
その中をけっこうなスピードで
歩いていく大会参加者の方々。
私も負けじとついていく。

周囲は晩秋のまほろばの風景がひろがっている・・・・・・

201111261023001

201111261042000

201111261029000

201111261112000
天理トレイルセンターでおにぎり三個の
昼食を10分程度で食べ終え
再び歩き始める。
国道169号線を桜井市まで南下する
退屈な道だ。

しばらく、がまんがまん。

ただ午前の足と午後の足は違う。
徐々に疲れがたまる。
私の場合、右足の甲が痛くなってくる。

こういう時は前を歩く人をロックオンし
とにかく抜かすことを考える。

最終チェックポイントの藤原京に着くころには
かなり疲れてきた。

201111261329000

201111261330000

<チェックポイントでもらったバナナ。美味し>

「何で、休みの日にこんなしんどいことやっているのオレ」
と独り言をぶつぶつといってみる。

それでもゴールして一息つくと、また次の大会に
出たくなるのだ。

やがてゴール地点である橿原神宮の森が見えてくる。
こうなれば、先ほど藤原京の手前で抜かされた
あの半袖の爺さんを再度抜いてやれと
ふたたび、スピードを上げる。

半袖のじいさんを抜き、そのままゴール。

201111261413000

何も知らない人から見れば
みな普通に歩いているだけなのだが
人知れず、こういうドラマがあるのだ。

この大会での歩数は約4万歩
消費カロリーは2075キロカロリー

スタート後のビールがことのほか美味しい。

見上げれば晩秋の青い空。

充実した一日が過ぎて行った。

2011年11月23日 (水)

ここひとつき

ずいぶん久しぶりの更新だ。

だいぶ端折りながらも

ここ一か月の出来事を簡単に。

出張で島根県に行った。

地元の陶工の方を訪ね、それを企業のPR誌に

掲載していくというもの。

私は言わば、付き添い的な役割。

仕事と旅行を兼ねた、いつもより気楽な出張だ。

ただ、スケジュールはハード。

実質1日半で、3人の陶工と取材箇所7か所。

昼食もゆっくりとれない。

島根は、のびやかな、いいとこであった。

陶工の方のお話を聞きながら、青く晴れた空をながめ

風の音を聞く。

本当に仕事であることを忘れてしまいそうな

時間が過ぎていく。

「高く育つには、大きく根をはるんですよ」

陶工の方の言葉が印象的だった。

そのあと、世界遺産に認定された

石見銀山に行く。

予約なしでは行くことのできない

坑道にも行くことができ、貴重な経験となった。

Jpg

<石見銀山の街並み>

__

<日本海に沈む夕日>

次に宮城県に行った。

別荘地のパンフの撮影。

まるまる一週間、蔵王連峰のふもとの別荘地での撮影の立会だ。

日の出前から、夕食をはさんで深夜まで撮影は続く。

途中BSTVの取材班と撮影がだぶる時間帯もあり

けっこう神経も使ったりする。

朝、ホテルで朝食を食べていると

たくさんのガテン系の方たちがホテルから

わらわらと出ていく。

被災地の復興工事にあたる方たちが

大勢ホテルに泊まっているのだ。

関西にいるとなかなかわからない

被災地の日常がここにある。

いっしょにいたカメラマンの方は

地震発生二日後に被災地に

親戚の方を助けるために行ったそうだ。

詳しくは書けないが、かなり辛い経験をされた。

そのご不眠症になり、しばらくやめていたタバコを

再び吸い出し、少し症状がましになったとのこと。

蔵王は今年の異常高温で、紅葉もだいぶ遅れていた。

でも地震も何もなかったかのようにたたずむ山は

美しかった。

___2

<蔵王連峰>

___3

<蔵王山頂にある「お釜」>

___4

<山間を走る蔵王エコーライン>

取材終了後、仙台市内に一泊した。

午前中、所用を済ませた後

松島と塩釜に行く。

観光地、松島は地震の被害からも立ち直り

観光地らしい活気があった。

(お土産店の呼び込みがうるさいくらいだった)

次に訪れた塩釜は、まだあちらこちらに

津波の傷跡が残っていた。

家は残っているのだが、基礎がやられてしまい

無人となった住宅が延々と続く。

津波が海からきたルートもなんとなくわかった。

仙台空港は見事に復旧していた。

ただ、そこに飾られていた

地震当時の写真を見て、よくぞここまで

と、少し瞼が熱くなった。

頑張ろう、東北。

___5

<松島にて。

津波に破壊された木柵。>

Jpg_2

<仙台といえば、この方。伊達正宗公>

11月12日は、兵庫県の加古川で開催された

「加古川ツーデイウォーク」に息子と二人で参加。

これは2日間にわたって゜開催される

ウォーキングのイベントだ。

私と息子は1日のみの参加で、20キロのコースを選択。

途中地元の方からの豚汁、お茶、ジュース、甘酒等の接待を

受けながら。

元気いっぱいのシニア層の方たちに囲まれて

無事20キロを完歩。

20キロなんて軽いと考えていたのだが

いつもより速いペースで歩いたせいか

予想以上にしんどかった。

ただ、私よりずっと年上で、しかも40キロのコースを

2日間続けて歩く人たちもいて自分などまだまだ。

部活現役の息子は、歩くだけでは物足らず

途中走っていた。

その若さが憎い^^;

201111121323000

<ゴールした息子をぱちり>

今週の土曜日は奈良の橿原にて

30キロのコースにトライする。

ここひとつきはこんな感じで過ぎて行った。

2011年10月20日 (木)

出雲にて

2日間の出雲出張も終わり、
今、空港に向かう車の中。

主に陶工の方々を取材してまわった。

最近、街道を歩いたり、焼き物を見てまわったりしてる。

自分中に日本の歴史と文化への
興味が沸々と湧いてくる。

方向性は定まらないが
色々と勉強したいと考えている。

どうしちゃったんだろうねえ((笑)

2011年10月17日 (月)

小春日和


・・・・・会社更新^^;

ここ2年間ばかり、ひたすら忙しいばかりだった仕事が
ここ2週間ぐらい、とても暇だ。

嵐の前の静けさか
それとも・・・・・・。

そのおかげで、よう歩いてます。

昨日も大阪の天満橋から、堺の浅香山まで
熊野街道を歩きました。

明後日から島根県に一泊2日で出張。
初めて行くところなので、少し楽しみだ。

2011年7月17日 (日)

先週日記

■7月11日

午後から東京へ。

会社の部長さん連中と会議。終わったあと銀座で軽くのみ。

銀座で一番安いと言われている居酒屋^^

明日、健康診断のO部長は周囲の誘惑にも負けず

最後までウーロン茶で通す。

その日はそのまま、東京品川で宿泊。

ホテルはなんと、高輪プリンス。

いやあ、いいホテルでした。

歴史と趣と風格

それが、なんと○千円で泊まれるのだから、

いい時代だ、、、、、、かな?

■7月12日

朝から世田谷の用賀に移動して、打ち合わせを一本

昼食後、今度は代官山に移動して、さらに、打ち合わせ。

この日の東京は、凶悪に暑さ。

どの打ち合わせ先もけっこう駅から距離があるので

汗が噴きで出て、熱中症の恐怖を覚える。

日陰に避難して、自販機で買ったポカリをゴクリ。

夕方からは、東京支社で面談。

終了後は、そのまま、軽くお疲れさま会(よく飲むなあ)

と、ハニー(嫁)から電話があり

熊野の妹の嫁ぎ先のお父さんが亡くなったとのこと。

嫁の夫は私の同級生で、お父さんも何度か顔を合わせている。

明日のお通夜に出席する旨を連絡。

その日は最終ののぞみで大阪に帰る。

自宅に着いたのは、午前1時過ぎ。

■7月13日

朝、8時起床。

喪服等の準備を整えて、仕事用の荷物を

車に積み込み、午前10時、熊野に向けて出発。

途中、飛鳥村、川上村で少しずつ休憩をとりながら

午後2時、熊野市の実家に到着。

さすがに疲れたので、少し昼寝をさせてもらう。

午後6時から、お通夜にでかける。

地元の名士でもあったので、大勢の方が参列されていた。

通夜から帰り、実家でパックのお寿司を食べたあと

再び、西宮市の実家へUターン。

午前1時、自宅到着

午前2時 就寝。

■7月14日

午前6時半起床。

今日は、管理職会議の後、恒例の沖縄出張。

会議では、営業本部長から、お小言をちょうだいしつつ

後ずさりで、会議を脱出する。

12時20分の便で、那覇へ。

周囲の席は、子連れの観光客で満席。

最近、ほんとに子どもの泣き声が苦手なので

ずっと機内イヤホンで、音楽を聞きながら過ごす。

午後2時過ぎ、那覇空港到着。

午後3時過ぎから打ち合わせ。

午後6時終了。

そのあと、お得意さまが入院している病院へ

お見舞いへ。

午後8時から食事。

同行の営業のA君、現地のFさん、

そしてお得意さまのKさんと沖縄料理で、お疲れさま。

豆腐ようと、ゴーヤチャンプルと、海ぶどうと、泡盛が美味い。

ホテルに帰って着替えてベッドに腰掛けたとおもったら

翌朝まで、そのまま寝ていた。

■7月15日

午前8時起床。打ち合わせが10時30分からなので

今日は少しゆっくり眠れた。

定宿にしているホテルが最上階ら温泉があるので

朝風呂に入る。

朝食のあと、ホテルの部屋で、打ち合わせ時間まで仕事。

午前10時半打ち合わせ開始

正午、打ち合わせ終了。

そのあと空港へ移動。

帰りの飛行機までは、まだかなり時間があるので

空港内のラウンジで、ず~っと仕事。

観光でもすればよいのだが

昼間の那覇市内は暑くて歩いていられない。

午後7時の便で、神戸空港へ。

空港のビルを出ると、むわっとした熱気が。

夜の沖縄は、涼しいのだが

関西の夜は、とても蒸し暑い。

午後10時半帰宅。

家で夕食をとるのは、考えてみれば、今日が初めて。

■7月16日

まだまだ仕事は終わらない。

午前8時起床

午前10時出社。

誰もいない、オフィスで、黙々と仕事を片付ける。

午後13時30分から、打ち合わせ。

私も疲れているみたいで

スタッフの方々への指示が、雑っぽくなっていた。

そのことに関して、スタッフの方々よりも指摘があり

さらに、私は不機嫌になる。

あとで、全員にフォローのメールを出す。

ほんとにすみません。

たまたま、出勤してきた、営業のT君にも

不機嫌な態度で接してしまった。

どうもすみません。

イロイロ嫌になって、午後4時、仕事を強引に終了させる。

ちょっと、イロイロと疲れた、一週間だった。

来週は、釣りに行こう・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2011年5月29日 (日)

台風接近

Samba

先日、神戸祭りに行った。

お目当てはサンバカーニバルだった。

極彩色の衣装に身を包んだお姉さま方は

とても綺麗だった。

しかし、彼女たちを取り囲むように

沿道からカメラのファインダーを覗く

40代~60代のおじさんたちの不気味に暗いこと。

まあ、同じオトコとして、何となく判る気もするが

何となく、「あっちに行け」的な気持ちになった。

自分のことは、棚に上げて、ありゃ、女性にはもてんわ

で、本日は台風接近

Simgp3762

自宅前の武庫川は、大増水。

雨脚はいっこうに弱まらず

何年か前にあったように、堤防が決壊し

避難指示が出なければいいなと思う。

おお、そういえば、今週は、久しぶりの土日休みだったな~。

まあ、ゆっくりと身体を休めることにしよう。

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ