« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月30日 (木)

年末に、釣りのことをだらだらと

今年もあっという間に押しつまり

明日は大みそかだ。

よく今年の漢字が話題になるが

自分にとって今年を漢字一文字で表現するならば

「忙」の漢字だ。

休日出勤・残業時間も過去最高だったのではないだろうか?

決していやいや働いていたわけでなく

むしろ精神的には元気なのだが

体力的にちょっと・・・・・・・・・・・

朝も早出することが多く、大阪駅から会社まで

歩くことも少なくなってしまった。

また好きな釣りもたまの休みだと

まず休息第一に考えてしまい

以前のように金曜深夜から土曜日朝にかけての

釣りは体力的にしんどくなってしまった。

今年一番多かったパターンは

土曜日の夕方から夜にかけての釣り。

これだと土曜日朝、ゆっくり休んで

体力を回復させてから釣りに出かけることができる。

しかしなぜかこのパターンだと釣れないのだ。

4月の初釣りで20センチのメバルを釣って以降

ほとんど魚を釣っていない。

ガシラ少々・カワハギ少々。秋以降はほとんど魚を釣っていない。

まあ、以前から上手いほうではないし

行く回数も激減しているわけで

仕方がないと思うのだが、でもこれはちょっと異常だ。

やはりこれは、今まで夜釣りが多かったため

魚自体、比較的釣りやすい環境だったのと

自分自身が釣りの情報を積極的に集めていたため、だと思う。

また、正直、行くたびごとにあまりにも釣れないので

かかる費用や時間のことを考えても釣りというものに

以前ほど熱意がもてない、ということもある。

とか、いいながら昨日納竿釣行に行ってきた。

場所は紀東の鬼ケ城。いつも行く場所だ。

午前6時から午後3時まで。

ひたすら餌を撒き続け、23センチのコッパグレ^^

釣り場所は北風が岩山にさえぎられる

絶好のロケーション。

寒さに惑わされることになく

青い海を見ながらの釣りは心の洗濯になった。

まあ、こあいうのもいいかなと思った。

釣り雑誌や釣り新聞の大漁ニュースはまあそれはそれ。

昼釣りで普段行く波止や地磯は、サビキ釣り以外、

それほど釣れるものでもないだろう。

ならば、あまりガツガツせず

のんびりと楽しむのも釣りなのかなあ、と考えた。

とは言え、やはり釣りたいのも人情。

来年は磯釣りや新しい釣りのスタイルを開拓し

「自分が気持ちいい」釣りをしていきたいと思う。

皆様、また、いろいろな釣りを教えてください。

また、お気軽にお誘いくださいね。

2010年12月25日 (土)

500マイル

昨日、TVで
「小田和正 クリスマスの約束2010」という
コンサートをやっていた。

小田和正さんを中心に何組かのアーティストが出演される
コンサートなのだが、その構成、歌などがとても良く
毎年楽しみにしている。

中でも、松たか子さんが歌われた
「500マイル」という歌がよかった。

※松たか子 500でググッてみると、その美しい歌声が聴けます
 なぜか和歌山の太地の風景が延々と流れています(爆

もともとはピーター&ポール・マリーが
歌っていた歌なのだが、今では色んな方が歌っている。

私が一番弱い、メロディパターンで
聞いているうちに、思わず涙ぐんでしまった
(嫁もいたのに・・・はずかしい)

さらにググッてみると、YOU TUBEで
忌野 清史郎さんがこの歌を
歌っている画像がUPされている。

こちらもなかなかよかったですよ。

2010年12月12日 (日)

あっちこっち丁稚2

あっちこっち丁稚は続く。

12月2日・3日と広島県の鞆の浦と尾道。
どちらも、瀬戸内海に面したおだやかな
いい街だった。
海辺に行き、漁師さんの水揚げ風景を撮影する。
エビ、シャコ、ワタリガニ
ハネ、メバルなどが水揚げされる。

何となく気持ち的にそわそわしてしまう。
そう、釣りがしたいのだ。

ただ、今は仕事だから、がまんがまん・・・・

お土産にさよりとタチウオとでべらかれいの干物を買った。
Simgp3467

でべらかれいとは、カンゾウビラメの別名。
そり干物の加工場も見学させてもらい
作りたての干物を試食させてもらった。

軽く炙ったその味は、まるでおせんべいのよう。
さくさくと、いくらでもいけてしまう。

さよりの干物も太刀魚の干物も淡白な味わいでとても美味しい。
瀬戸内海の海の豊かさをこういうところで感じる。

鞆の浦では、「保命酒」というのを買った。

Simgp3466
一種の薬酒で、養命酒の兄弟分といった酒だ。

とても甘く、かつ若干、薬草の香りがするが
滋養強壮にいいとのことで
これから、毎日少しずつ飲もうと思う。

それと、定番、尾道ラーメン。美味しいよ~。

瀬戸内海に沈む夕陽。

Ssh380102
島々の連なりの中の夕陽がとても美しい。

週が明けて6日・7日は東京へ、珍しく
泊りがけの出張。

別にとりたてて書くこともない出張なのだが
泊まったホテルがすごかった。

東京駅八重洲口徒歩1分で8000円という値段に
ひかれたのだが
部屋はネットカフェに風呂とベッドが付いたような狭さ。

201012062219000

以前、東京の上野で1泊5000円のホテルに泊まった。
何と、風呂は共同。
で、風呂に入ろうとドアを開けたら
イラン人のおっさんが、裸で(当たり前だが)
身体を洗っている最中で
あわてて、ドアを閉めたことがある。

さらに言えば、22歳の時ヨーロッパで
貧乏旅行をしたとき
ロンドンで泊まったホテルはなんと相部屋。
夜中にオーストラリア人の大男が
「ハロー」といいながら入ってきた。
その男が相部屋の相手で
彼はそのまま、疲れたのか眠ってしまったが
もし、彼にその手の趣味があれば
体力的にかなうはずもなく
確実に私はやられてしまったに違いない・・・・・

・・・・と、それらのホテルよりは、ましだが
なかなかのものだった。
バスにそなえつけのサニタリーも
小袋にはいった、シャンプーと小さな石鹸ひとつというのも
なかなか。
石鹸をシェービングクリームにして
備え付けの安物の髭剃りで顔を剃るとヒリヒリして
痛いのだ。

そして、10日は日帰りで、沖縄出張。
以前、札幌に日帰りで出張に行ったことはあるのだが
それ以来は長距離移動だ。

沖縄はまだ11月上旬くらいの暖かさだった。

ただ、距離を移動した分だけ、
確実に身体は疲れる。

翌日の土曜日は出社して
たまりにたまった伝票を
片付ける

その後は、三宮に移動して神戸ルミナリエに。
夕食は丸玉食堂で、済ませる

毎年のことながら、とても美しい。

Simgp3469

と、ここんとこの出来事を
何となく連ねてみました。

もう、今年も残すところあとわずか。
ほんとにあっという間に
1年も終わっていく

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ