« しまとん | トップページ | 四十路男の日曜夕方。 »

2008年10月21日 (火)

フードコートにて

よく行くショッピングセンターでのフードコートのこと。

ちょうどもお昼時ということもあって、席はほとんどなかった。

やっと見つけた空席をとりあえず確保して

嫁と息子にとりあえず、好きなものを

買ってくるように言う。

食べるのが早い私にとって、嫁と子供が先に食べ始めるのが

ちょうどいいのだ。

私の座っている席の前に

私と同じくらいの年の女性と

息子と同じくらいの年の男の子が座っていた。

二人は弁当持参だった。

いや、正確に言うと、

その母親らしき女性が持ってきた弁当を

男の子が食べて、

母親は、思い出したように時たま、その弁当をつまんでいた。

弁当の中身は、ほとんどおかずは無く、ごはんがほとんどだった。

二人はとても仲が良さそうだ。

男の子は、笑顔で弁当を食べている。

背筋もしゃんと伸びて、礼儀正しい子だ

休みのショッピングセンターのフードコート。

周囲は和・洋・中・ファーストフード等

豊かな日本を象徴するかのように、

食べ物が溢れかえっている。

周囲の子供は、半ば当然のように

うどんやら、カレーやらを食べ漁っている。

そんな中での弁当持参。

それぞれの家に、色んな教育方針があっていいとは思うのだが

でも弁当持参のお母さん、それでは、子供さんが

可哀相ですよ、と思わず声をかけそうになる。

私が小学生の頃、学校は何故か弁当持参だった。

給食と違って、それぞれの家の経済事情が

そのまま、弁当のおかずに反映される。

中には弁当を蓋で隠して食べている子もいた。

その子なりのプライドだったのだろうと

今にしてわかる。

あるいは、と、私は思う。

その男の子は小麦粉アレルギーなのかな?と

だったら説明がつく。

今どき、外食で小麦が入っていない

食事などない。

だから自衛のために、ご飯の弁当持参なのだと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

でもそうでないとしたら。

そうこうするうち、嫁と息子が食べ物を持って

席に戻ってきた。

私もウドンを注文しに、席を立った。

しばしの食事タイム。

やがて食べ終え、空いた食器をトレイに乗せて

その母子の側を通り抜ける。

その子は弁当を食べ終えて

母親に買ってもらったとおぼしき

ケンタッキーフライドチキンを美味しそうに食べていた。

二人とも笑顔。

傍で見ててもこの母子の仲の良さがうかがい知れる。

少し、ホッとした。

« しまとん | トップページ | 四十路男の日曜夕方。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/482863/24640057

この記事へのトラックバック一覧です: フードコートにて:

» フライドチキン レシピ [フライドチキン レシピ]
フライドチキン レシピについての情報です。 [続きを読む]

« しまとん | トップページ | 四十路男の日曜夕方。 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ