« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月30日 (木)

価格破壊

本日、会社のお昼休み。

初めて買う、お弁当屋さんのお弁当

081030_115513

上部左から右回りに、お味噌汁、なぜかマグロの刺身

ご飯、おかず数種

なんと、300円!

安い!

量は充分。(少し、残したくらい)

まぐろの刺身も美味しい。

まあ、高速道路1000円も嬉しいが

こういうのも、嬉しいですね^^

2008年10月27日 (月)

身体によいもの

最近、食の問題が、大きくクローズアップされている。

メラミンだとか、ジオ・・・・・とかいう薬品。

皆、けっこう神経質になっているのだろう。

なるべく無添加の食品。

無農薬の野菜。

そう、考えるのは、当然のことだと思う。

で、某お笑いタレント絶賛の

「ヤキソバフリカケ」

081027_232914

裏面の成分表などを読むと

各種、自然由来の成分が含まれている。

こういうのは、安心だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

ご飯にふりかけて

早速食べてみる。

美味い!

強く、オススメする一品です。

2008年10月26日 (日)

四十路男の日曜夕方。

気分的なものかも知れないが

今回の不景気はなかなかのものだ。

と思う。

就職してすぐ、バブルが崩壊して

それからずっと、不景気の時代を経験してきたはずであるが

今回の不況は、ひしひしと身にしみるものがある。

別に給料が減ったでもなく、リストラされたわけでもない。

生活に困っているわけでもない。

ただ、バブル崩壊時には、なかった

子どもの将来に対する責任とか住宅ローンの重みを

今さらながら、ひしひしと感じるのだ。

ああ、私は、私の家族は大丈夫なのだろうか( ̄Д ̄;;

話は変るが

NHKの大河ドラマ「篤姫」がなぜか面白い。

毎週欠かさず。見ている。

で、その番組を見ている時にふと気付いたことがある。

見ている我々は、この登場人物たちが、その後どのような人生を辿るか

大体知っているが、当の本人達にとってはそんなこと

まったく判らないのである。

判らないのであるが、それでも懸命に生きている姿に

見ている我々は、興味深くまた、共感するのだろう。

明日をもしれぬ我が身は

誰でも同じ。

くよくよ、考えていたって

仕方がない。

でも

明日の仕事、しんどいやろなあ、と

少しだけため息をつく

日曜夕方の

四十路男であった。

2008年10月21日 (火)

フードコートにて

よく行くショッピングセンターでのフードコートのこと。

ちょうどもお昼時ということもあって、席はほとんどなかった。

やっと見つけた空席をとりあえず確保して

嫁と息子にとりあえず、好きなものを

買ってくるように言う。

食べるのが早い私にとって、嫁と子供が先に食べ始めるのが

ちょうどいいのだ。

私の座っている席の前に

私と同じくらいの年の女性と

息子と同じくらいの年の男の子が座っていた。

二人は弁当持参だった。

いや、正確に言うと、

その母親らしき女性が持ってきた弁当を

男の子が食べて、

母親は、思い出したように時たま、その弁当をつまんでいた。

弁当の中身は、ほとんどおかずは無く、ごはんがほとんどだった。

二人はとても仲が良さそうだ。

男の子は、笑顔で弁当を食べている。

背筋もしゃんと伸びて、礼儀正しい子だ

休みのショッピングセンターのフードコート。

周囲は和・洋・中・ファーストフード等

豊かな日本を象徴するかのように、

食べ物が溢れかえっている。

周囲の子供は、半ば当然のように

うどんやら、カレーやらを食べ漁っている。

そんな中での弁当持参。

それぞれの家に、色んな教育方針があっていいとは思うのだが

でも弁当持参のお母さん、それでは、子供さんが

可哀相ですよ、と思わず声をかけそうになる。

私が小学生の頃、学校は何故か弁当持参だった。

給食と違って、それぞれの家の経済事情が

そのまま、弁当のおかずに反映される。

中には弁当を蓋で隠して食べている子もいた。

その子なりのプライドだったのだろうと

今にしてわかる。

あるいは、と、私は思う。

その男の子は小麦粉アレルギーなのかな?と

だったら説明がつく。

今どき、外食で小麦が入っていない

食事などない。

だから自衛のために、ご飯の弁当持参なのだと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

でもそうでないとしたら。

そうこうするうち、嫁と息子が食べ物を持って

席に戻ってきた。

私もウドンを注文しに、席を立った。

しばしの食事タイム。

やがて食べ終え、空いた食器をトレイに乗せて

その母子の側を通り抜ける。

その子は弁当を食べ終えて

母親に買ってもらったとおぼしき

ケンタッキーフライドチキンを美味しそうに食べていた。

二人とも笑顔。

傍で見ててもこの母子の仲の良さがうかがい知れる。

少し、ホッとした。

2008年10月18日 (土)

しまとん

釣りの大先輩、絶考釣さんから

ご自宅で栽培されている島トウガラシ(通称シマトン)を

乾燥して、一味にしたものを送っていただいた。

081018_000631

何をかくそう、辛いもの大好き人間にとっては

はずしてはならない、ポイントなのだ^^

早速、昨夜、夕食のおでんにかけて食べてみた。

081018_000659  赤いのが、しまとん(゚▽゚*)

さっそく一口。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

が、いつまでも口の中が火照って痛くなることはなく、

その辛さは、すっと口の中で消えていく。

こりゃ、ええわ。

次に大根の漬物にも少量かけてみる。

・・・・・・うんうん、漬物の塩気とあいまっていい、感じですな^^

今日は焼肉。

焼肉のタレの中にも入れて

その強烈かつさわやかな辛さを、楽しむことにいたしましょう^^

さて、そのしまとん。

市販することも計画されているようです。

詳しくは、絶考釣さんのプログ

「山と海」   http://gacchosan.exblog.jp/にて。

2008年10月13日 (月)

京都へ

三連休の初日は、仕事だった。

翌日は、よく晴れて、秋らしい気候となった。

以前から家族と約束していた、京都に行くことになった。

連休真っ只中の京都は、とにかく人が多かった。

四条河原町→八坂神社→二年坂→三年坂

とにかく人・人・人・人

そんな中をかいくぐり、嫁念願の清水寺へ。

081012_142443 逆光( ̄◆ ̄;)

話は変るが私は漬物が大好き。

せっかく京都に来たのだからと

錦市場へ。

081012_135437  ピンボケ( ̄◆ ̄;)

で、入ったのが、「うちだの京つけもの」

店内は、多彩な漬物たちが

081012_160113

しかも、ほとんどの漬物が試食できるのだ。( ̄▽ ̄)

081012_160607

あれこれ、食べて、二種類ほどお買い上げ。

人が多くて疲れたけど、まあよかったのではないでしょうか。

2008年10月 9日 (木)

広告よ

自身が、広告の仕事をしていながら

自分のブログやホームページでの広告には

一切興味がない。

アフェリエイトなども、いい小遣い稼ぎになるとは、聞いても

やったことがない。

こう言っちゃ、なんだが、

目障りな、見ているだけで疲れるバナー広告などは、

「ジャンクアド」になりつつある。

と、思う。

※広告自体が「ジャンク」であるという意見があるのも当然承知したうえで。

もちろんWEB広告は、そのドラスティックなシステムから

無限の可能性を秘めていると思う。

その接触頻度の高さから、上手く使えば

効果的な媒体になると、思う。

まあ、それは、さておき。

私のこの文書の下部に表示される、テキスト広告。

「ウッドデッキ販売」「飲食店向け繁盛店の作り方」

「ロールケーキ専門店」「リスラル猪苗代でレジャーを満喫」

私のブログの今までの文書から

ある傾向を読み取り、かつ、ワードの検索等から

こういう広告を表示していると思うのだが。

でもねえ。

効果あるのかなあ。

2008年10月 5日 (日)

いただきもの

いただきものの、イセエビ ^^

Simgp1772

Rrsimgp1773_2

ご立派!

さっそく、いただきましょう。

まずは

Simgp1774_2

お造り。甘いしこしこした食感。

次に

Simgp1779

具足煮

たまりません^^

ご飯は、新米を土鍋で炊いたもの

Simgp1777

しばし、至福の時間。

ごちそうさまでした!

頂きもの。

自然からの頂きもの。

Simgp1774

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ