« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月31日 (日)

メンテナンス

もう、いい加減長く使ってきた、メイドインチャイナのリール。

前回の釣行以降、どうも、ハンドルがまわしづらい。

いちど、全解体して、油でも差してみるか。

で、ばらしてみました。

Simgp1694

ばらす過程において、自分自身

「ここまで細部にわたって、解体していいものだろうか」

と、一瞬不安になったが、勢いにまかせて、いってしまった。

KURE油をあちらこちら差し

おお、やっとハンドルが回るようになった。

これでよしと再び、元の形にするべく

組み立てをはじめるが。

レバーのところがおかしい。

弾力がなくなっている。

再び解体して、再度点検するが

原因がわからない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

一時間経過。

調子にのってバラシ過ぎたのだ。

私の元々からしてない、機械組み立て能力の限界を

超えたのだ。

と、自分を納得させる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

なるべくリールの方を見ないようにして

半解体状態のまま、余ったネジごと

道具箱の奥の方に仕舞う。

次に取り出されるのはいつだろう。

もう、そういう日はこないかもしれない。

私って、そういう男なのだ。

2008年8月28日 (木)

阿倍野 明治屋

立ち飲みでは、ない。

どころか、各種メディアで絶賛の店である。

080827_185748

阿倍野 明治屋。

店に入ったのが

午後7時過ぎ。

すでにカウンターは一杯だ。

喉が渇いていたので

まずは生を一杯。

その後、日本酒の冷や。

そして熱燗をいただく。

つまみは、奴にもろきゅう。

080827_191818

酒は、おだやかな、かつ淡い味わい。

もろきゅうのきゅうりも、味噌もとても美味しい。

となりのカップルは、東京からわざわざ来たらしい。

でもお店の方も店内の雰囲気も

妙に片意地はったところのない

穏やかな空気が流れている。

080827_191840

最近、お脳がコリ気味の私であるが

この店にいると

のんびりと、そのコリがとれていくような気がする。

オススメデス。

2008年8月25日 (月)

何してる

今日は朝から、東京出張。

朝9時新大阪発の新幹線。

電光掲示板には昨夜の熱海、小田原間の豪雨で

ダイヤの乱れが予想されるとのこと。

今日は朝からいいお天気。

そんなん、どこの世界のことと、

まるで気にならなかった。

が、京都を過ぎたあたりで、不吉なアナウンスが。

「熱海・小田原間の豪雨のため雨量計が規定値を超えました。

現在運転を見合わせております」

私の乗った、新幹線は米原駅で停まったまま動かない。

やっと動き出した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

次は、掛川駅に停まった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・。

次は、新富士駅に停まった。

ちょうど昼時刻。

腹が減ったが車内の弁当は全て売り切れらしい。

・・・・・・・・・・・・・・・。

やっと、東京駅に着いた。

11時43分到着予定が

着いたのは、13時30分。

これは、特急料金払い戻してもらえるだろうと

窓口に行くと、遅れが2時間超えていないから

ダメだという。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

とにかく、腹が減った。

目についた八重洲地下街の立ち食いそばの店に

飛び込む。

ちくわ天そばと稲荷ずし。

そばが異様にのびている(泣)

打ち合わせまで時間がある。

しばらく書店で時間を潰して、クライアントの事務所へ。

先方の打ち合わせが長引いていて、2時間後に来てもらえないか

とのこと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

近くのマンガ喫茶で、時間を潰す。

『課長 島耕作』を4巻読んだところで

「ぼちぼち来て」と担当者より電話が入る。

お偉い方二人。

ポスターの提案。

お一人はOKをいただいたが

もう一人からダメ出しをいただく。

再度やり直し。

帰りの新幹線は、

ビール飲んで酔っ払う。

うう。

今日、私は一体何をしてやっていたんだろう。

2008年8月20日 (水)

秋の気配

昨日は蒸し暑かったが

今日あたりから、ぐっと過ごしやすくなった。

吹く風は肌に優しい。

梅田から本町まで歩いても

かく汗は、感覚的に半分になった。

途中と折りぬける公園の蝉の大合唱も

盛期にくらべてその音量も、半分になった。

暑い盛りの、我が家の寝室の室温30度。

本日は、27度。

今日はクーラー無しで過ごせそうだ。

まだ、暑さのぶり返しはあるかもしれないが

季節は少しずつ、でも、確実に進んでいる。

夏から秋へ移るこの季節が

一番もののあはれを感じる。

2008年8月17日 (日)

岸辺のアルバム

お盆休みは、実家のある熊野市に帰省する。

私は朝夕のパートタイムフィッシングにいそしみ(釣れませんが)

昼間は嫁と息子を海水浴などに連れて行く。

2日目は、下北山村の某所の川に行く。

透き通る水。

Simgp1682

水は驚くほど冷たい。

がまんしてしばらく浸かっていると

ようやく体が慣れてくる。

息子はシュノーケルを持ち出し

あちらこちら潜っては楽しんでいる。

Simgp1668

少し下流にある深場に連れて行き

飛び込みや潜りを教える。

私がちようど彼と同じ年くらいに

夢中になったものだ。

彼も同じように、夢中になって楽しんでいる。

嫁は浅瀬で浮き輪につかまって楽しそうにしている。

私は川の中央に、キャンプ用の椅子を持ちだし

流れに下半身を浸しながら

ぼんやりあたりの景色を眺める。

Simgp1680

帰りたくないなぁ

ぼんやりそんなことを考える。

2008年8月10日 (日)

夏雑記

休日の夕食前は

ビールやカップ酒を手に

ベランダからぼけっと外を眺めていることが多い。

昨日もそんな日だった。

彼方の空には、入道雲。

Simgp1635

おお、夏らしくて、いいじゃありませんか^^

ほどなくして、夕食が出来上がった。

今日の夕食はキムチ鍋。(途中段階^^;)

Simgp1634

辛さと熱さで大汗をかきながら食べる。

美味い!

ベランダからの空の眺めは

Simgp1638

おお、でかい入道雲

あの雲の下あたりでは、今ごろ夕立がすごいだろうな。

しばらくして、また見ると

Simgp1641

おお!すごい!

かつて見たことのないような、巨大な入道雲。

まるでキノコ雲だ。

雲の根元の部分では、稲光がビカビカ。

そして、おそらく滝のような豪雨だろう。

位置からして、奈良北部~東大阪あたり?

あの雲の根元まで

今から車で走りたい。

ふと、そんなことを思いました。

2008年8月 4日 (月)

偉人

仕事で難波に行く。

日中、かなり暑い時間。

梅田なら周囲を行きかう人は男女とも100%仕事モード。

ところが、ここ難波では。

地下鉄の四橋線、難波駅から南海難波駅までの道すがら。

目の前を歩く男女が

道中にある(まあそういう道を歩いていた私が悪いのだが)

ラブホに一瞬に消えていく男女2組目撃。

さらに、駅ターミナルでは、

ひと目もはばからず

いちゃつく「中年」男女目撃。

男、遊び人風。

女、まあ遊び人風。

べったりと肌と肌を合わせて。

本日の大阪南部での市街地ひなたでの

極私的体感気温40℃

あんたら、偉いわ

私的には、ちょっと悔しい。

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ