« IKEA 飯 | トップページ | 猿の軍団 »

2008年5月 6日 (火)

熊野的日常

ゴールデンウィークと、お盆休みは、実家のある三重県熊野市に帰省する。

息子が生まれて、車を買ってから、ほぼ毎年、約10年続く恒例行事だ。

以前は、大体、車で片道5時間くらいかかっていたのだが

伯母峰峠のトンネル開通、南阪奈道路、大和高田バイパスの開通によって

今では、早ければ4時間ちょっと行けるようになった。

熊野での初日は、午前中は、移動。

午後からは、甥っ子を釣れて

川遊びも兼ねて、温泉へ。

Simgp1499

熊野川の清流。

ときおり、観光のジェット船が通りすぎるだけで

静かなものだ。

アユの若魚が泳いでいる。

川では石投げして遊ぶ。

野球チームに入っている甥っ子の投げる距離に

負けているのが、とても悔しい^^;

これでも、元野球部なのだ。

ひとしきり、川で泳いだ後は、温泉へ。

下北山村の「きなりの湯」とともに

よく行くのは、ここ

080503_150659

湯ノ口温泉。

小さな温泉なのだが、今でも湯治場があって

鄙びた感じがとてもいいのだ。

080503_151027

↑湯治の方達が泊まる、宿泊スペース

ここは元々、銅山で栄えたところ

今では、廃坑になっているが

その坑道を利用してトロッコ列車が走っている。

駅 ↓

080503_150813

しばらく、整備のため休業していたようだが

今年久し振りに復活。

嫁、息子、甥っ子の三人が乗り込む。

線路↓

080503_150922

可愛いサイズの列車

080503_152316

ちょうど、新緑の季節。

山の緑が、眩しい。

080503_151307

山の次は海^^

翌日は、磯遊びに磯崎町井内浦にの海岸に

貝獲りも兼ねて、磯遊びに。

080504_122707

ちょうど干潮の時間帯。

海水に浸っているところにいる貝(らしきものは)は、

ほとんどヤドカリ。

食用にできる貝は、ぎりぎり海水が届かない、岩場の陰に潜んでいる。

小さなやつは、そのまま置いといて

手ごろな大きさのものだけを、獲る。

獲ったやつは、そのまま塩茹でに。

080504_173213

まち針で身をほじって食べる。

とても美味なり。

海、青く、山、緑の熊野の休日。

これで、いっぱい魚が釣れれば

いうことはないのですが^^;

(釣行記は「波止ウキダイアリー」にて)

« IKEA 飯 | トップページ | 猿の軍団 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/482863/20793390

この記事へのトラックバック一覧です: 熊野的日常:

» 湯ノ口温泉 [三重県の温泉ブログ]
湯ノ口温泉(ゆのくちおんせん)は、三重県熊野市に湧く。北山川を望む河畔に鉄筋コンクリート造りの瀞流荘と、車で約10分ほど離れた山間にある湯元山荘湯ノ口温泉の2軒の旅館が存在。瀞流荘から湯ノ口温泉へは、この地域に鉱山が有ったときに利用されていたトロッコ列車で移動することも可能。両地を約10分で結ぶ。 湯ノ口温泉のトロッコ 湯ノ口温泉には、トロッコ軌道がある。 北東2kmほどの場所にある瀞流荘と結んでいるのだ。 元々は、このトロッコ、紀和の銅山から鉱石を運ぶためのもの。 ほとんど...... [続きを読む]

« IKEA 飯 | トップページ | 猿の軍団 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ