« 熊野的日常 | トップページ | メバル カップ再び »

2008年5月11日 (日)

猿の軍団

先日、某離島に行った帰りのこと。

空港の待合室で、飛行機の搭乗を待っていると

高校生の修学旅行生らしき団体がやってきた。

制服等をよく見ると、大阪のK真市にある高校のようだった。

皆、楽しい旅行の帰りなのか、仲間内でワイワイと盛り上がっている。

こちらは、仕事でうんざり疲れた身。

正直「 ああ、うるさい、うっとおしい」と思ってしまった。

彼等は、機内中央から後方に座っている。

機内でも彼等のやかましさは、相変わらず。

やれお菓子がどうのこうの。

写真をとれだのなんのかんの。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

横に座った同行者とともに、小さなイライラは少しずつ増していくのであった。

ただ、いい事もあった。

彼等でエコノミー席が全部埋まってしまったのか

我々が座った席はいわゆるビジネスクラス。

窓際も2列シート。座り心地のよい座席に

高校生の喧騒にもかかわらず

離陸してしばらくして、ウトウト眠り込んでしまった。

次に目を覚ましたのが、着陸前の時。

窓の外には、大阪市内の夜景が広がっている。

これに興奮したのか、何なのか

高校生の中で

着陸前、シートベルト着用のサインが

出ているにもかかわらず

立って歩き始めるバカが、いるのだ。

しかも何人も。

まさにリーダーのいない猿の軍団である。

これには、さすがのスチュワーデスサンも怒って

「座ってください」と大きな声を張り上げている。

私が座っている座席列の中央付近にいる

若い女の先生2名は注意しないのかと、見れば

疲れたのであろう、何も注意せず、座り込んでいる。

私自身が、近くにいたならば、彼等に「座れ!」と注意もすることも出来るが

彼等の前方にいるためそれも出来ず

そこで、その先生方にも充分聞こえるよう

隣の座席にいる同行者に話し始めた。

「スチュワーデスの人が、あんなに大きな声を張り上げているのに

肝心な先生は何をしてんねん!(怒)」

どうやら聞こえたらしい。

以降、ちゃんと注意するようになった。

まあ、何とか、飛行機は大阪伊丹空港に無事着陸。

猿の軍団は、相変わらず

大騒ぎしながら、空港を後にしていくのであった。

ああ、ぐったり。

« 熊野的日常 | トップページ | メバル カップ再び »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/482863/20891575

この記事へのトラックバック一覧です: 猿の軍団:

« 熊野的日常 | トップページ | メバル カップ再び »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ