« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月29日 (木)

蟲 臨界

今、住んでいる家は、マンションで7階にある。

これだけの高さがあると、虫も上がってこず

夏なども窓を開けていても平気だ。

蚊などにかまれたこともない。

朝はいつも階段を使って1階まで降りる。

そこで気付いたこと。

3階まで降りると途端に虫の数が多くなる。

私の天敵の毛虫なども

じぃ~っと、壁にへばりついて

じっと私のほうを見ていたりする。(そんな気がする)

つまり、3階くらいの高さが虫の限界の高さなのか。

まれに、7階くらいの高さに羽虫が上がってくる時もある。

しかし、そこには、ベランダの手すりに

網をめぐらせたクモや

すいっと飛び回るツバメや

黄昏時に飛び回るコウモリが

虎視眈々と狙っている。

まあ、なかなか大変なのだ。

2008年5月25日 (日)

THE メバルカップ 終了

あいにくの大雨の中

The  メバルカッブin 淡路が開催された。

雨と風。

はっきりいって、釣りをするには

最悪のコンディションだったが

参加者の方々は、途中でリタイアすることもなく

最後までベストを尽くされていた。

スタッフの方々も、土砂降りの雨の中

時に明るく。

時に黙々と。

自分のなすべき仕事をこなしていた。

今までで、一番思い出に残る大会になりそうだ。

とりあえず。

皆様。

お疲れ様でした。

2008年5月18日 (日)

ここんとこ そこんとこ

某月某日

「東京暮れ色」

2日連続での東京出張。

どちらも日帰り。

まるで、東京に通勤しているかのようだ。

交通費から見ても不経済極まりないが

どうしても、大阪に戻らないといけないよう用事があったのだ。

本日の打ち合わせは午後5時から

銀座の某社にて。

少し早めに着いたので

途中の歩道橋から、ぼんやりと空を眺める。

080516_164514

随分日が長くなったものだ。

この時刻でようやく、夕暮れの気配。

気持ち、身体とも少し疲れ気味。

しばし、ぼんやりと、空を眺める。

某月某日

「イラチのフランス人」

先日、高野山に行った。

以前に頂いたお札を返し、また新たなお札をもらってきた。

弘法大師様には、お願いしなければいけないことが

たくさんあるのだ^^

参拝をすませると、もうお昼過ぎ。

どれ、お昼でも食べますか。

以前行った時に入った、小さな定食屋に入る。

1階はテーブル席、5席。

いずれも、満席、そのうち2席は

外国人の方が座っている。

一組は話す言葉からフランス人のカップル

もう、一組はドイツ人のカップルと思われる。

ドイツ人のカップルは、ラーメンを頼んでいたようだ。

あとビールも。(さすが、ドイツ人)

フランス人カップルは男性がカツ丼、女性が天ぷらウドンを頼んだ。

(店が狭いのと、それに反して店員さんの声がでかいので筒抜けなのだ)

私ら家族も、そば定食とか、ウドン定食とかを頼む。

やがて、ドイツ人カップルにラーメンがきた。

次に私たち家族に注文していた料理が届きはじめた。

フランス人カップルの男性のほうが、この時点から

しきりと首をひねりだした。

おそらく「自分の方が先に注文したのに、なぜあの日本人家族のほうに

先に料理が届くのだ?」と考えているに違いない、

しかも彼は、右足を小刻みに上下に動かしだした。

いわゆる「貧乏ユスリ」というやつである。

フランス人も貧乏ユスリをするのである

こうなると、同じイラチの私も気になる。

「早く料理を出せばいいのに」と他人ながら気になる。

イラチは万国共通で、伝染するものなのだ。

ともするうちに、やっと料理が届いた。

美味しそうなカツ丼だ。

彼の顔にようやく笑顔がもどり

貧乏ユスリもその瞬間、「ピタリ」と収まった。

某月某日

「もうすぐさよなら」

なぜか夜の道頓堀を歩くことになった。

もうすぐ閉店するおのお店の前では

例の人形の前で記念撮影する人多数。

080517_194638

やはり、この人形が無くなるのは、ちょっと淋しい。

ミナミもこうやって、少しずつ変わっていくのだなぁ。

2008年5月15日 (木)

研修メシ

本日は東京某所で研修。

私の働いている業界の

主に法規関係の勉強会だ。

080515_120358

初心者向けの研修ということであったが

なぜか会場には、ベテランらしき方の姿多数。

午前中の講義が終わり、昼食が出た。

このての研修には、珍しく昼飯付なのだ^^

080515_120823

中々の内容だ。

後ろに座っていた方(見た感じ定年間際の人)は

午前の研修はメモもとらず聞いていて

昼食を食べ終わると

さっさと、帰っていった。

当然、午後も研修は続く。

ははぁん。そういうことなんだ、、、、、、、、。

何か可笑しいやら、ちょっと哀しいやら。

2008年5月14日 (水)

メバル カップ再び

いよいよ明日、申し込み締め切りとなりました。

各種賞品をご用意して

皆様のお越しをお待ちしております。

ちなみに昨年は、鮮魚 釣具等各種とり揃えました。

今年も、いろいろご用意して^^

そして、何より

淡路の大メバルが

アナタをお待ちしております

お申し込みはこちらから。

http://blog.goo.ne.jp/mebaru_cup/

当日会場では、駐車場とか、検寸を担当しております。

長髪の黒めがねの男がいたら、それは私、TAKAです。

お気軽に声をかけてください^^

2008年5月11日 (日)

猿の軍団

先日、某離島に行った帰りのこと。

空港の待合室で、飛行機の搭乗を待っていると

高校生の修学旅行生らしき団体がやってきた。

制服等をよく見ると、大阪のK真市にある高校のようだった。

皆、楽しい旅行の帰りなのか、仲間内でワイワイと盛り上がっている。

こちらは、仕事でうんざり疲れた身。

正直「 ああ、うるさい、うっとおしい」と思ってしまった。

彼等は、機内中央から後方に座っている。

機内でも彼等のやかましさは、相変わらず。

やれお菓子がどうのこうの。

写真をとれだのなんのかんの。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

横に座った同行者とともに、小さなイライラは少しずつ増していくのであった。

ただ、いい事もあった。

彼等でエコノミー席が全部埋まってしまったのか

我々が座った席はいわゆるビジネスクラス。

窓際も2列シート。座り心地のよい座席に

高校生の喧騒にもかかわらず

離陸してしばらくして、ウトウト眠り込んでしまった。

次に目を覚ましたのが、着陸前の時。

窓の外には、大阪市内の夜景が広がっている。

これに興奮したのか、何なのか

高校生の中で

着陸前、シートベルト着用のサインが

出ているにもかかわらず

立って歩き始めるバカが、いるのだ。

しかも何人も。

まさにリーダーのいない猿の軍団である。

これには、さすがのスチュワーデスサンも怒って

「座ってください」と大きな声を張り上げている。

私が座っている座席列の中央付近にいる

若い女の先生2名は注意しないのかと、見れば

疲れたのであろう、何も注意せず、座り込んでいる。

私自身が、近くにいたならば、彼等に「座れ!」と注意もすることも出来るが

彼等の前方にいるためそれも出来ず

そこで、その先生方にも充分聞こえるよう

隣の座席にいる同行者に話し始めた。

「スチュワーデスの人が、あんなに大きな声を張り上げているのに

肝心な先生は何をしてんねん!(怒)」

どうやら聞こえたらしい。

以降、ちゃんと注意するようになった。

まあ、何とか、飛行機は大阪伊丹空港に無事着陸。

猿の軍団は、相変わらず

大騒ぎしながら、空港を後にしていくのであった。

ああ、ぐったり。

2008年5月 6日 (火)

熊野的日常

ゴールデンウィークと、お盆休みは、実家のある三重県熊野市に帰省する。

息子が生まれて、車を買ってから、ほぼ毎年、約10年続く恒例行事だ。

以前は、大体、車で片道5時間くらいかかっていたのだが

伯母峰峠のトンネル開通、南阪奈道路、大和高田バイパスの開通によって

今では、早ければ4時間ちょっと行けるようになった。

熊野での初日は、午前中は、移動。

午後からは、甥っ子を釣れて

川遊びも兼ねて、温泉へ。

Simgp1499

熊野川の清流。

ときおり、観光のジェット船が通りすぎるだけで

静かなものだ。

アユの若魚が泳いでいる。

川では石投げして遊ぶ。

野球チームに入っている甥っ子の投げる距離に

負けているのが、とても悔しい^^;

これでも、元野球部なのだ。

ひとしきり、川で泳いだ後は、温泉へ。

下北山村の「きなりの湯」とともに

よく行くのは、ここ

080503_150659

湯ノ口温泉。

小さな温泉なのだが、今でも湯治場があって

鄙びた感じがとてもいいのだ。

080503_151027

↑湯治の方達が泊まる、宿泊スペース

ここは元々、銅山で栄えたところ

今では、廃坑になっているが

その坑道を利用してトロッコ列車が走っている。

駅 ↓

080503_150813

しばらく、整備のため休業していたようだが

今年久し振りに復活。

嫁、息子、甥っ子の三人が乗り込む。

線路↓

080503_150922

可愛いサイズの列車

080503_152316

ちょうど、新緑の季節。

山の緑が、眩しい。

080503_151307

山の次は海^^

翌日は、磯遊びに磯崎町井内浦にの海岸に

貝獲りも兼ねて、磯遊びに。

080504_122707

ちょうど干潮の時間帯。

海水に浸っているところにいる貝(らしきものは)は、

ほとんどヤドカリ。

食用にできる貝は、ぎりぎり海水が届かない、岩場の陰に潜んでいる。

小さなやつは、そのまま置いといて

手ごろな大きさのものだけを、獲る。

獲ったやつは、そのまま塩茹でに。

080504_173213

まち針で身をほじって食べる。

とても美味なり。

海、青く、山、緑の熊野の休日。

これで、いっぱい魚が釣れれば

いうことはないのですが^^;

(釣行記は「波止ウキダイアリー」にて)

2008年5月 1日 (木)

IKEA 飯

最近、とかく話題のこのお店 IKEA

とある休日、嫁の執拗なる催促に根負けし

重い腰を上げた。

だって、OPENしたばっかりで、混んでるっしょ^^;

神戸ポートアイランドにそのお店はある。

さいわい、駐車場渋滞などもなく

無事、車を停めることができた。

が。

080427_105048

すでに、入場制限が。

待つことしばし、店内に入ってまず向った先は

「カフェテリア」

昼食にはまだ少し早いが

これだけの人出。

先に済ませておかないと、いつ食事にありつけるかわかったものではない。

空腹で極端に機嫌の悪くなった私と嫁の

不毛なバトルをここで繰り広げることもなかろう。

さて。

ここIKEAは、インテリアショップなのだが

食事もなかなかのものとのこと。

では、では。

080427_110638

鮭のパイ

080427_110715

名物のミートボールとスモークサーモン。

北欧の典型的な料理らしい。

味は素朴かつシンプル。

私は好きな味だった。

パンも、なかなか味わいがあって美味しかった。

店内の紹介については、また後日。

混雑が苦手な方は、もう少し時間を置いてから

行かれたほうがいいかもしれませんね。

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ